高品質システム

データ解析

タクトシステムズは、開発部門で高レベルの認定を受けています。
管理系、開発系、支援系の能力が14プロセスにおいて、レベルが3だと認定されています。

レベル3の認定は、CMMIです。CMMIは、ソフトウェア開発の評価や改善を査定するもので、組織の能力を計測するための尺度となっているものです。
CMMIで、レベル3以上の判断がされるのは、安定したプロセス過程が確率されている証拠です。

CMMIで高いレベルを取得した企業は、アメリカやインドなど様々な国にありますが、どれも1000人以上の大企業ばかりの会社です。
タクトシステムズのような規模でのレベル3の取得は、非常に難しく、努力の現れと言えるものです。先進国のどの企業にも劣らない経営方針が取られていることの証明にもなります。

Posted in 経営

コメントは停止中です。